知っておきたい間取りのこと

1LDK、1DK、1K、インターネットで物件を調べるとこのような表現をよく見られると思います。なかにはLDKとDK何が違うの?そう思われる方もいらっしゃることとおもいます。ここでは、間取りごとの違いとよく使われる略語についてお話していきます。

○1R、1K

○1DK、1LDK
ゆとりのある広さで1人暮らしをされたい方におすすめの間取りです。1R、1Kとの大きな違いは、食事をするスペースとお部屋が分かれているところです。一般的にはキッチンのある部屋が4.5~8畳だとDK(ダイニングキッチン)、8~畳だとLDK(リビングダイニングキッチン)と表記されます。LDK程の広さになるとダイニングテーブルに大きめのソファ、そこにTVを置くといった使い方もしやすい広さです。食事スペース以外でお部屋を一つ確保できるので、寝室では食事をしたくないという方におすすめです。

○1LDKと2DK、2LDKと3DK


1LDKと2DK、2LDKと3DKはLDKをDKと1部屋に分けたような間取りになるので、総面積に大きな違いはありません。同じぐらいの家賃で、広いリビングが欲しい方にはLDK、部屋数を多くしたいという方にはDKをおすすめします。

○間取り図によく使われる略語

S…納戸
  採光や換気の基準に達していない部屋。主に物置として使われる。
SB…靴箱
PS…パイプスペース。配管の通り道。
MB…メーターボックス。電気やガス、水道のメーターがある場所。
WC…トイレ
WIC…ウォークインクローゼット
CL…クローゼット

物件を探される際には、どういった生活をしたいかに合わせて間取りを選ぶことが重要です。どのぐらいの広さが必要か十分考えてあなたにあった物件を探していきましょう。

関連情報