シンプルライフにおススメ!狭い部屋のメリット、デメリット。

一人暮らしをするならできるだけ広い部屋に住みたいと考えている方も多いのではないでしょうか。しかし様々な理由からあえて狭い部屋に住む方も増えてきているようです。
あえてコンパクトな部屋を選ぶのには何か理由があるのか。メリット、デメリットをふまえてご紹介していきます。

狭い部屋って具体的にどのくらい?

まず標準的なワンルームは6~8畳くらいの居室にキッチン、クローゼット、バス、トイレなどがあり、全体で20㎡ほどの面積になります。専有面積10~15㎡ほどになると「狭い部屋」という印象をもつ人が多いでしょう。

狭い部屋に暮らすメリット

・家賃がおさえられる

狭い部屋に暮らすメリットとして最も大きいのはやはり家賃の安さでしょう。
家賃は毎月の出費ですからたとえ1万円の違いでも1年間で12万、5年間で60万と長く住むほど大きな差が生じます。お部屋を探される際に狭い部屋も選択肢に入れることにより利便性の高い地域で予算内の物件が見つかる可能性もあります。

・冷暖房などの光熱費が抑えられる

狭い部屋は冷暖房の効きが良く、照明数も少なくてすむため光熱費等がかなり抑えられます。

・掃除がしやすく短時間で済む。

狭い部屋は掃除の効率もいいです。家具を多く置くスペースも無いのでほこりがたまる場所も少なく、床全体に掃除機などをかける時間も少なく済みます。掃除機の電気代も抑えることもできますね。

狭い部屋に暮らすデメリット

・家具や持ち物によっては部屋に圧迫感

本やCDなどのコレクションが多い人は部屋の壁際に並べる人が多いでしょう。狭い部屋では特に生活空間が棚に囲まれやすい傾向にあります。また背後に背の高い家具等があると圧迫感を感じます。

・インテリアに制限がある

狭い部屋では自分の思い通りのインテリアが実現できない場合があります。購入したときは素敵に見えてもいざ搬入したときに存在感が大きすぎて邪魔に感じてしまうかもしれません。

・狭い部屋はこんな人にオススメ!

狭い部屋で快適に過ごすにはやはり周辺の環境が大切になってくるでしょう。近隣にスーパーやコンビになどがあれば収納を圧迫する生活用品や食品の買い置きをせずに済みます。
人気のエリアに安く住みたいなど、住まいの立地を最優先に考える方にも向いているでしょう。

関連情報