今日から始めるDIY

 最近様々なメディアを通じてDIYという言葉を耳にすることが増えたかと思われますが、まだ詳しく理解していない方もいるのではないでしょうか?今回はDIYとは何かということを視点に置き説明したいと思います。

<そもそもDIYとは??>

 DIYは「Do It Yourself」の略で日本語に訳すと「自分でやってみよう」という意味になります。自分でできることは自分でやってみようという理念を持ち専門家や業者に頼らず修繕や装飾をするということです。

<日曜大工との違いは?>

日曜大工は休日にプロでない方が趣味で大工工事を行うことになりますが大工仕事は主に木工作業のことを指します。DIYでも木工でテーブルや棚を作ったりしますが、他にも雑貨やメイク用品などの木工を使用しない用品を作ります。つまり、木工作業を趣味で行うことを「日曜大工」、自身で木工業を含めた手作り作業をすることを「DIY」と言います。

<作業に必要な道具>

○ノコギリ

 DIYを行う上で最も欠かせない道具です。両側に刃がついた和式のものと片側に刃がついた洋式のものがあります。

○カナヅチ

 釘を打つ場合はカナヅチが当然必要です。初心者の方はたたく面の反対側がくぎ抜きになっているタイプがおすすめです。

○ドライバー

 プラスドライバーとマイナスドライバーの両方をそろえておくのが良いでしょう

○カッター

 DIYでは日常的に使用する小さなカッターではなく段ボールや紐を切ったりする大きめのものを用意する必要があります。

○ペンチ

 ペンチ針金を切ったり折ったりするときに必要です。

<DIYの基本的な手順>

① 大きさを決めて設計図を書く

最初にDIYの最も重要なポイントである設計図を書きます。何を作るかを決めたら設置する場所の採寸をし、幅、高さ、奥行きなどの数値を正確に設計図に書き込みます。

② 材料を選ぶ

設計図を書いたら木材やねじなどの必要材料をリストアップしホームセンターなどに買いに行きましょう。

③ カットする

 カットは自力でノコギリを使用して行うのもよいですが、ホームセンターでカットしてもらうことも可能です。

④ ヤスリをかける

サンドペーパーを使用しヤスリをかけます。組み立て後だと細部にヤスリをかけるのが難しくなるためこの段階で行います。

⑤ 塗装

色を付けたい場合は塗装します。また、ワックスを塗るときれいに仕上げることが出来ます。

⑥ 組み立て

最後にネジや金具を取り付けて、パーツ同士を組み立てていきます。

<こんなものが作れます>

○棚

 棚はDIYで作る物の定番です。初心者の方は本棚や小さめの収納棚から始めるのが良いでしょう。

○机

 机は棚に比べて難易度は上がりますが、DIYの基本的なスキルだけで作れることが可能です。

○イス

 イスの作成においては最も基本的なDIYの手順のほとんどを網羅しているため、設計図の作成からネジの留め方などの基本スキルを身につけるための練習にもなります。

<最後に>

DIYの魅力は「全てを自分自身が行う」ことですが、初心者の方が最初から全てを自分で行うのは苦痛を感じ諦めてしまう可能性も増えてしまいますので、DIYを楽しみ、より長く親しむためには人の手を借りてしまうのも問題ありません。また、いきなり大掛かりなリフォームやインテリアなどを作ろうとせずにまずは簡単なものから挑戦するのが理想的でしょう。

関連情報