賃貸の保険  火災保険について

火災保険とは、火事で家が燃えてしまったときに損害を補償します。しかし、火災保険で補償される事故は、火事で家が燃えた時だけではありません。
例として
・落雷によって、テレビやパソコンといった電化製品に損害がでたとき。
・台風、竜巻によって、飛来してきたものが、窓ガラスが割れる等の損害がでたとき。
・大雨によって近くの河川が氾濫し、床上浸水により家財に損害がでたとき。
上記のような、場合が発生した時に火災保険の対象となってきます。

火災保険は必ず入るべき?

→加入は任意のため、絶対ということではありませんが、加入することをお勧め致します。
火災に関しては、いつどんな時に起こるのか、誰にも予想が出来ません。
自分自身が気を付けていても、近隣の家の火事によって、自分の入居物件、家財に損害が出た場合に保障してもらうことができません。このようなもらい火で火災が発生し、損害が出た場合でも大丈夫なように火災保険に加入する必要があります。

火災保険の中にもいくつか種類があります。
1.家財保険
2.修理費用保険
3.借家人賠償責任
4.個人賠償責任
があります。

1.家財保険

上記で例としてあげさせていただいた場合が発生したときに、室内にある家具や電化製品といった、家の中の家財に損害がでた時にこちらの保険が適用されます。また他にも、盗難によって自転車が盗まれた。泥棒が入って、家財に損害がでた場合も適用されます。

2.修理費用保険

台風や竜巻によって飛来してきた物が窓ガラスを割った。盗難被害によって窓ガラスが割れたといった場合。家主さんとの賃貸借契約にも基づき、借主が自己の費用によって修理を行った場合の費用を補償致します。

3.借家人賠償責任

賃貸借契約には、原状回復義務というものがあります。原状回復義務とは、借りた物件を入居前の状態にもどすというものです。
借主が、家主さんから借りている物件を誤って火災を起こし、借りている物件に損害を与えた場合にこちらの保険が適用されます。
また、入居中に、化粧水の瓶をおとしてしまい、洗面台を破損してしまった。入浴中に転倒してしまい、浴槽を破損した場合もこちらの保険が適用されます。

4.個人賠償責任

日常生活のなかで他人に損害を与えてしまった場合の賠償を補償する保険のことをいいます。
例として、洗濯機の水があふれてしまい、下に住んでいる入居者の物件の壁や家財に損害を与えてしまった場合です。また、こちらは外出でスーパーに出かけた際に、お店の商品を破損してしまった場合や、自転車で他人に接触し、怪我を負わせてしまった場合もこの保険が適用されます。

まとめ

このように、自分自身が気を付けいていても、誤って事故がおきてしまう場合。他人によって、自分自身の家財や、入居物件に被害がでてしまう可能性もありますので、万が一起きた場合に、保険に加入してなければ、必ず後悔してしまいます。そのようなことにならないよう、万が一に備え、火災保険加入をお勧め致します。

関連情報