カウンターキッチンのメリット・デメリット

自炊をする人や料理が趣味の人にとって、キッチンは物件探しのうえでとても重要な判断材料となります。
カウンターキッチンは、使い勝手以外にもデザイン的にも魅力的であり、注目度が高い設備だといえるでしょう。
今回はカウンターキッチンについてメリット・デメリットのご紹介をさせて頂きます。

〇メリット〇

部屋の様子が見渡せる

特にお子様がいらっしゃるご家族の方には重要な判断材料になります。
料理をしながらお子様を見れることは安心材料にもなります。

無駄な移動が省くことができる

動線の確保がしやすいところも大きなメリットです。
キッチンとダイニングの行き来をしなくてもお皿やコップなどを移動できるため、料理を運んだり片付けたりする際、往復の手間を省くことが可能となります。

開放感がある

カウンターキッチンの最大のメリットが開放感が生まれ、実際よりも広く感じることができます。
クローズドキッチンと比べて、余計な壁の仕切りが少なくなるため、圧迫感が生まれにくくなります。

〇デメリット〇

料理のにおい

カウンターキッチンは開放感のあるつくりのため、料理のにおいがリビングにまで移ってしまう点はデメリットだといえます。
部屋の広さにもよるものの、においの強いものを調理しているときには、家具や布製品へのにおい移りが気になってしまう場合もあります。

キッチンが丸見え

来客が来た際にキッチンが丸見えになり、常日頃お掃除をしていないと印相が悪くなる可能性もあります。
ただ、来客が来ることを毎日想定していれば常にお掃除をしてきれいな状態を維持する点ではメリットにもなります。

今回はカウンターキチンのメリット・デメリットをご紹介させていただきました。
これからの物件探しの参考にぜひご検討ください。

関連情報