室内で猫を飼うための心得・対策

最近は、賃貸でもペット可の物件が増えてきています。ですが
飼っていない住民とのトラブルや、退去時に修正費がかかることを避け、快適な生活
を送るためにはどうすればいいのでしょうか。

猫の習性を知り、飼い主も猫もお互いにストレスがないように過ごせることが大切で
す。賃貸住宅で猫を飼う時のポイントをまとめました。

トイレ対策

飼い主は気づかないものですが、猫を飼っている人の家は結構匂ってしまうもので
す。猫には体臭がありませんが、糞や尿は匂います。トイレを一定の場所でさせるし
つけはもちろん、部屋の中を常に清潔にするようにしましょう。引っ越したらすぐに
トイレの位置を決めて、教えてあげましょう。位置は一度決めたら、変えないのが良
いでしょう。

運動対策

猫にとって外の世界は刺激に満ちて楽しいものではありますが、室内で飼うことを前
提にしている場合、バルコニーや玄関から外に出さないようにしましょう。代わり
に、運動ができるよう高さのある家具を配置したり、キャットタワーなどを置いたり
するといいでしょう。

爪とぎ、ひっかき癖の対策

多くの飼い主を悩ませるのが、猫の爪とぎ、ひっかき癖。猫の習性ではありますが、
むやみに室内を傷つけられては大変です。爪研ぎをする場所を設け、しつけていきま
しょう。爪のひっかき傷を防ぐために、ふすまや障子はあらかじめ外して保管した
り、防音・防臭効果のあるカーペットや敷物で床や壁を保護したりしておくのが良い
でしょう。

ニオイ対策

まず、バルコニーにトイレを置かないようにしましょう。ニオイが漂うと、クレーム
やトラブルの元に。また、バルコニーでグルーミング(毛の手入れ)をしないように
しましょう。毛が風に乗って干している布団や洗濯物につくことがあります。

騒音・防音対策

発情期の大きな鳴き声は、しつけで直すことはできません。可能であれば不妊、去勢
手術を。また、防音効果のあるカーペットや絨毯などを敷くといいでしょう。

ペット飼育可マンションであれば、何をしてもOKというわけではありません。物件そ
れぞれにある管理細則を確認するとともに、周囲の方への気遣いを忘れず、快適な住
まいを目指しましょう。

関連情報