知っておきたいメゾネットのメリット・デメリット

そもそもメゾネットってどんなもの?

メゾネットとは中高層の集合住宅で、住宅の内部に階段があるものです。通常の集合住宅の各住戸は一層である平面で構成されていますが、
メゾネットはこれが二層以上になっているものです。メゾネットとはフランス語で小さな家という意味です。

賃貸でもメゾネットってある?

賃貸物件でもメゾネット物件はあります。例えば4階建てのマンションの場合、1-2階、3-4階など2つのフロアを住戸として使っているものや、アパートタイプでも2階建ての建物で、1-2階が1つの住戸として使っているものがございます。

※ロフト付物件はロフト部分の天井高は低く居室としての基準を満たさないため厳密にはメゾネットとは異なります。

メゾネットのメリット&デメリット

まずはメゾネットのメリットをご紹介させて頂きます。

メゾネットのメリット

  • 一戸建て感覚が味わえる
  • 開放感がある
  • 通風、日当たりがいい
  • 上階の音が直接下に響かない

一階、2階とありますので一戸建て感覚で生活することができます。
2階部分を寝室にしておけば、急な来客がある場合にも寝室を見られる心配もなくさっと通すことができます。
自宅でお仕事をされている方や友人が来る機会が多い方におすすめです。
小さいお子さんがいらっしゃる方には階段が心配ではありますが、お隣さんの音漏れさえ気をつけていれば、
下の階の方に子供の足音が直接響く心配もないのでおすすめです。

また、縦空間を活かしたインテリアを楽しむことができます。

 

メゾネットのデメリット

  • 居住スペースが狭い
  • 上下の移動が面倒
  • 隣の音が気になる
  • 冷暖房費がかさむ

まずは階段がある分同じ床面積のフラットタイプと比べて居住スペースは狭くなります。
1Fから2Fにかけてのお掃除も大変そうですね。
造りによってはお隣の住人の階段の上り下りの音が気になるかもしれません。
吹き抜けがあると冷暖房費もかさみそうです。

間取りが特殊な分、お客様によっては向き不向きがあるメゾネットタイプ。
メゾネットタイプを探している方や、そうでない方もやはり一度は内見をしてみるカチのある間取りです。

関連情報