知っておきたい退去時のポイント

最近、退去時の敷金精算でのトラブルが増えてきています。
この記事を見られている人の中にもトラブルに巻き込まれた経験がある方がいらっしゃるのではないでしょうか?

これから部屋を探したいとお考えの方にぜひ知っておいてほしい退去時のトラブルを避けるためのポイントを簡単に挙げてみたいと思います。
参考にしてみてください!!

退去届の届出を忘れずに!!

入居時に取り交わした契約書で、退去の届出をいつまでに、どのような方法で行えばいいか確認しましょう。
一般的には1ヵ月~2ヶ月前に届出をすることになっています。
届出のタイミングが遅れると退去後も家賃を払う必要が生じる可能性もあるので気をつけましょう。

入居時に部屋のチェックをしましょう。

入居する際に、部屋全体、壁紙、バスルーム、トイレ、フローリングなどに異常があれば、すぐに家主又は管理会社に報告しておきましょう。
また、トラブルを回避するために証明となる写真をとっておくことも一つの手かもしれません。
面倒なことだとは思いますが、退去時のトラブルを避けるためには重要になります。

退去時にやっておきたい掃除!

飲み物をこぼしたことによるカーペットのシミ、カビ、結露を放置したことにより拡大したカビ等のように、汚れを放置したことによって生じた損耗に関して、借主に原状回復にかかる費用が発生するケースもあります。

退去目前にキレイにしても仕方ないと考えられる人もいるかもしれませんが、
せめて、台所まわりの油汚れ、水周りの水垢、クロスの汚れ等の部屋の掃除を退去前に行っていただくだけでも、
敷金精算の際にいい影響を及ぼすと考えられます。

火災保険の解約を忘れずに。

新居に入居する際、火災保険に加入されているお客様がほとんどだと思います。
契約期間や保険会社等にもよりますが、退去をお考えの方は早めに保険会社に解約の連絡をしておけば払戻金がある場合があります。
知っておくと得をする情報だと思いますので早めのご連絡をお勧めします。

関連情報