共同住宅で暮らすマナー

アパートやマンションでは、様々なライフスタイルの人たちが生活をしています。
お互いが気持ちよく生活するためにも共同住宅で生活をするマナーを見につけていきましょう。

共有スペースについて

廊下

子供の遊具や自転車などを放置するのは他の入居者に迷惑になるので注意しましょう。

エントランス

チラシを捨てたり、ゴミを放置することはマナー違反です。自転車の放置も他の入居者の迷惑になるのでやめましょう。

ベランダ

専用スペースと思われがちですが、非難時に避難用はしごや境界板設置した物件がほとんどです。
非難時には避難路として確保されている共有スペースとなりますので、
物置やテーブルなどを置いていると、災害の際にスムーズに非難ができなくなってしまいますので気をつけましょう。

騒音のマナーについて

共同住宅で一番トラブルになるのが騒音です。
自分が気づかないうちに生活音が隣人の生活を妨害していることもあります。
深夜、早朝は掃除や選択など大きな音のでる行動は控え、テレビのボリューム、大声での会話にも気を配りましょう。

洗濯、掃除

深夜、早朝はマナー違反です。防音性の高いマンションにおいても隣、上下の部屋には音が響きます。

来客

来客時に気をつけておきたいのは大声で笑ったり、会話したりなど騒いだりすることはやめましょう。
部屋の外においても音が響いたりするので気をつけましょう。

駐車場

駐車場においてのアイドリング音は結構音は響きます。

ゴミ出しのマナーについて

近隣からの苦情が多いのがゴミ出しのマナーについてです。
1人がルールを守らなかっただけで住民全体に不快な思いや迷惑をかけてしまいます。
一人ひとりがルールを守ることが大切です。
地域によってゴミの出し方、分別など異なりますので、各地域のルールを確認し守りましょう。

関連情報